為末大の「生き抜くチカラ」で心に残った言葉ベスト5。ママにも響く言葉ばかり

はい、今日もここ九州の片隅から無駄な話をします。私は今2人の子どもを育てるワーママです。

アスリートの為末大さんが子ども向けに書いた本、「生き抜くチカラ〜ボクがキミに伝えたい50のことば〜」が大人のママにもガンガン響いたのでその感想を書きます。

「生き抜くチカラ〜ボクがキミに伝えたい50のことば〜」で心に響いた言葉ベスト5

世の中のしあわせを願う前にまず自分をしあわせにする。

これは、本当にそう思う。同感しかないです。自分が満たされて、初めて人の幸せに関われるようなる。

ママをやってると、自分より先に子どもの服を買ったり、子どものリクエストに応えて遊んだり、疲れてるのに公園に行ったりします。

ママは時々自分を一番に考えて良いと思います。まずは自分が満たされて、「あぁ、幸せだな」と思ってから、子どものリクエストに応えても遅くないですよね。

「みんな」は誰でもないことが多い

これもその通りだな。という言葉です。ママをしているとよくわからない「みんな」に遭遇する事が多々あります。

  • 「みんな」遊び着を手作りしてるよ
  • 「みんな」子どもの誕生日会を開いてるよ
  • 「みんな」習い事2つ以上してるよ

「みんな」「みんな」「みんな」・・・。この「みんな」という言葉を聞くと「あ、それ私したくないけど、やらなくちゃダメなんだな」と変な義務感が出てきてしまいます。

「みんな」は恐ろしい言葉です。

為末さんはそこに気付いて『「みんな」の名前を言える人はいない。空気である事が多い』と書いています。

そう、「みんな」という言葉に惑わされないで、自分のしたいようにすれば良いのだ、と心がすっとなり、生きるチカラに変えてくれます。

生き抜くためには逃げてもいい

「なにより重要なのは死ぬまで生き抜くこと」と為末さんは書いています。本当これ、子どもに教えたい。死ぬほど辛い事があったら、すぐ辞めろと教えたい。

そしてママもそう。ママとして生き抜くために、あーやだな、という事から積極的に逃げる。それ大事。

私は気を使うママ友関係の輪から、積極的に逃げてます。逃げまくって樹海でキャンプ中、そんな感じですw

人からの評価に自分を乗っ取られてはダメ

「人からどう思われてるかだれでも気になるもの。気にしてよい。だけどいざという時は人からの評価を気にせず突き進む」と為末さんは書いています。

誰でも気になるし、気にしてよい、と断言した後でいざという時は突き進め、と書いている所が、とてもわかりやすく身近に感じます。

いつもは気にしてて良いけど、最後の最後は譲るなよ、と言ってて、やはり最後は自分の気持ちが一番なんだと改めてわかります。

立派でなくても、すぐれた能力がなくても自分で自分を認めてあげる

最後の言葉はこれです。本当その通り。子どもに毎日のように語りかけたい言葉です。

そしてもちろん大人の私にもかけてあげたい言葉です。

ママをやっていると、ついつい「ああ、ダメなママだ」と自分を責めてしまう事ばかりです。それでも自分だけは認めてあげよう、どんなにダメでも認めてあげよう、と心が軽くなります。

為末大ってどんな人?

為末大さんってどんな人なのでしょう?スポーツ選手、だというのは何となく知っていますが・・・・。

為末大さんのこと
  • 本名:為末大(ためすえ だい)
  • 生年月日:1978年5月3日
  • 出身:広島市佐伯区
  • 陸上での経歴:400mハードル日本記録保持者
  • 2001年世界陸上エドモントン大会・400m障害(ハードル)銅メダル
  • 2005年世界陸上ヘルシンキ大会・男子400m障害(ハードル)銅メダル
  • 2000年シドニーオリンピック出場
  • 2004年アテネおりんピック出場
  • 2008年北京オリンピック出場
  • ツイッターアカウント Dai Tamesue
  • 公式サイト TAMESUE

はっきり言って一流です。なんとなく一流の選手は「出来るまでやれ!」とか「諦めるな!」とか自分を追い詰めて追い詰めて追い詰めて勝利を手にするように思うのです。

しかし為末大さんの「生き抜くチカラ」の中には、「逃げて良い」とか、「立派じゃなくても自分で自分を認めてあげる」とか優しい言葉が溢れています。

子ども達にもママにも、いろんな理想を追って自分を追い詰める必要はないのだな、と本当の心がホッとするのです。

まとめ・自分のために生きるヒントがたくさん

為末大さんの「生き抜くチカラ〜ボクがキミに伝えたい50のことば」は、本当に生きるためのヒントがたくさん詰まった本です。

子ども達にも今すぐ伝えたい事ばかり。本も子ども用に作られていて、漢字には読み仮名がふってあります。

このブログで紹介した以外の45の言葉も生きるヒントがいっぱいです。

すぐ読めるので、親子で読むのにオススメです。

error: Content is protected !!