瀧本哲史氏のベストセラー。40代子育てママが「ミライの授業」を読んだ感想・口コミまとめ

mirainojugyo

はい、今日もここ九州の端のほうから、無駄な話を皆さんにします。私は今2人の子どもを育てるワーママです。子どもに何が必要なのかなぁ・・・。と思って今、Amazonでベストセラーの「ミライの授業」を読みました。

買ったきっかけは「なぜ勉強するの?」に答えるため

勉強したくないのは、おそらく子ども共通の悩み・・・。そんな子どもたちは、「どうして勉強しなくちゃならないの?」って日頃から思っています。

その証拠にうちの子どもも私が宿題の事を話始めると、無視、変顔、パンチ、キックで対抗してきます。どうすれば納得して勉強してくれるのか?!その疑問に答えてくれるのでは?!と期待して購入しました。

はい!「ミライの授業」の回答は期待通りでした

悪い感想:「なぜ勉強するの?」の回答が本の中の数ページ

著者の瀧本さんは、「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」っていう疑問に対して、ハリーポッターのホグワーツ魔法学校の例を出して、「魔法を使えるようになるためだよ」と説いています。

さっすがーー!!!!これは、日々宿題をしない子どもを目の前して、怒鳴り散らすだけのママにはこんな回答出て来ません。

ハリーポッターのホグワーツ魔法学校を例に出して、大人になって魔法を使って世界を変える、ヴォルデモートをやっつけるため、と聞けば勉強の大切さへイメージがとっても付きやすいと思います。

「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」っていう問いに対する回答は素晴らしい!でももっと論理的な答えが欲しかったなぁ、という大人には物足りない回答とページ数です。

当たり前ですが、この本は14歳の子どもに向けて書いた本です。もっと知りたい大人は自分でその問への答えを探しましょうw

良い感想:偉人の偉業がわかりやすく書かれている

この「ミライの授業」の大半は、過去に偉業を成し遂げた人たちの伝記で構成されています。でもただの伝記ではありません。どうして本に載るまでの偉業を成し遂げられたのか、そのことが史実を元に分析されて書かれています。その分析が一つ読みどころですね。

また、立ち読みでも5時間目の「ミライのきみたちへ」を読むだけでも良いです。ここに瀧本さんからのメッセージが全て含まれているからです。本では、19人の偉人が紹介されています。この中途半端な19人というのに違和感を覚えませんか?

そう、20人目はあなた、この本を読んでいる14歳の君なんだよ、という想いを込めているからなのです。ミライを作る子ども達から、20人目が出てくるのだな、と思うとワクワクします。そういったワクワクもこの本の魅力です。

ミライの授業

著者の「瀧本哲史」さんってどんな人?

「ミライの授業」の巻末にある著者紹介の文を引用します。超絶エリートですねw

京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部客員水教授。東京大学法学部卒業、同大学大学院法学部政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーでおもにエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。その後独立。※「ミライの授業」より引用。

エンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教鞭をとる。

「ミライの授業」を書いた瀧本さんの本は、どれも子ども達に沿った内容になっていて、とても面白そう。そう私も出来る限り子ども達に武器を手渡したいわぁ。
冒頭の「ゲリラ戦を迎える・・・」っていう一文だけで読みたい度合いがぐいぐい上がってくるよね。

こちらも凄いタイトルです。タイトルからもうぽちって押しちゃいそう。だって「君に友だちはいらない」ですよ。良かった。こんな著名な人から、友達いらない、と言われるなんて勇気でるよね。

物心ついてから、勉強が始まって、学校を卒業したらもう勉強しなくていいや!なんて言ってたのはもう終わりました。

子どもだろうが、大人だろうが、もう一生勉強しないといけないと日々感じます。そんなときに、あぁ、どうして勉強しなくちゃいけないんだろう、とという問いはいつも出て来そう

永遠の課題にぶち当たったときに、再度「ミライの授業」を手に取りたいと思います。