ヘルシオ・ホットクックをお勧めしない3つの理由〜ワーママの必須家電にはならない〜

はい、今日も九州の片隅から皆さんにお話しいたします。私は今2人の子どもを育てるワーママです。
1分1秒を助けてくれる家電製品「ホットクック」を買いましたよ!

ホットクック

ホットクックはワーママに必須じゃない!

我が家にヘルシオ・ホットクックがやってきてから数か月、キッチンに鎮座しては大きな顔をしていました。
そしてできる限りの料理を作ってきたつもりです。

ホットクックで作った料理
  • おでん
  • カレー、シチュー
  • イワシの骨まで柔らか煮
  • 手羽の煮物
  • 豚の角煮
  • 肉じゃが・・・などなど

レシピも豊富なんです!他にもいろいろ出来るの。凄いんです。ホットクック。

ホットクックレシピ

必須家電じゃない3つの理由

1 調理に結構時間がかかる

最大の難点はこれです。時間がかかるんです。家事にかけることができる時間が短く出来れば、と期待して買ったのですが、時間がかかる!

調理時間例
  • おでん→65分
  • ビーフカレー→45分
  • クリームシチュー→45分
  • イワシの骨まで柔らか煮→150分
  • 手羽の煮物→45分
  • 豚の角煮→90分
  • 肉じゃが→35分
ヘルシオ・ホットクックは「食材と調味料を入れて後は待つだけ」と言ってますが、この調理時間は長い。
料理している間に、洗濯、宿題チェック、その他掃除、とやっていっても時間が余る。料理を出来上がる時間のほうが長いのです。
(そんだけいろんな家事が手抜き&雑ってことです。)

2 料理がなんかうまく出来ない

続いての理由はこれです。「なんだか公式レシピ本や、皆のインスタみたいに出来ない!」ってことですw
なぜ!?!なぜなんだー!?

煮崩れする

肉じゃがや、筑前煮などを作った時に思いました。ジャガイモやニンジンがボロボロになります。水を入れちゃいけないのに入れてしまうからだろうか・・・・。
研究する前にあきらめました。

「アク」が料理表面に浮く

お肉を含んだ料理全般に言えます。お肉の「アク」が料理の表面に浮いてしまいます。そりゃそうだ。ホットクックは、材料を入れてボタンを押せばそのまま何もしなくても料理ができる。
「アク」を取り除くことなどせずに、料理が出来上がるんですから。
・手羽の煮物
・おでん
など肉が入る料理を作ったときには、「アク」が所々についていましたw

3 子どもが煮物料理を好まない

ホットクックの得意とする料理は、主に煮物です。電気圧力鍋の良いところを利用して煮物料理が簡単に、そして一気に出来上がる、という優れものです。
しかし残念なことに、出来上がった煮物料理を子どもが食べない!!がっくし!!です。

ホットクックは今・・・

そんな紆余曲折を経て、我が家のホットクックは今このような状態です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sattie14さん(@sattie14)がシェアした投稿

まとめ・「時短」を期待するな

この有能な調理家電ホットクックは「時短」にはなりません。

出来上がるまで、料理の時間はかかるため、「時短」とは呼べません。ホットクックが料理を作っている間に「時間を有効に使う」事は出来ます。

そろそろ育休も終わるし、とか、共働きだし、買おうかな、と思ってる方の参考になれば幸いです。

error: Content is protected !!コピー出来ません