粘土でつくる塗り絵「まじっく粘土ぬりえ」で遊んだ感想。メリットとデメリット。みんなの塗り絵まとめ

はい、今日もここ九州の片隅から無駄な話をします。粘土でつくるぬり絵、「まじっく粘土ぬりえ」で遊びました。遊んだ感想とメリット・デメリットを書きます!

まじっく粘土ぬり絵とは

まじっく粘土ぬり絵とはなんでしょう?粘土のようなものを使って絵を塗っていく塗り絵です。うーん説明が難しい。これです、これ。

まじっくぬりえに入っている物
  • ぬりえ用の台紙
  • 絵の具や、色鉛筆の代わりとなる粘土状のもの(赤、青、白、オレンジ、緑、黄、ピンクの7色)

まじっく粘土塗り絵には、キティちゃん、すみっこぐらし、プリキユアなどがあります。

まじっく粘土ぬりえで遊んだ感想

遊び方が簡単

まじっく粘土ぬりえの遊び方は簡単です。ウレタン素材で描かれたキャラクターの枠の中を、不思議なふわふわ粘土で埋めていきます。

無い色を作ることができる

まじっく粘土塗り絵は、7色しか入っていません。無い色は既存の最初に入っている7色を混ぜて作ることができます。

  • 白+青→水色
  • 白+赤→淡いピンク といった感じですね。

粘土の感触が良い!

粘土はふわふわしていて気持ちよいです。そして子どもにも扱いやすいです。まじっく粘土は、スライムの中に小さな発泡スチロールが入っている感じです。この発砲スチロールがふわふわしているんですね。

作品を飾ることができる

まじっく粘土塗り絵ができたら、ガラスや鏡など凹凸の無い所に貼る事ができます。

余った粘土でいろいろ作ることができる

まじっく粘土ぬり絵を作り終えても、嬉しいことにまじっく粘土が余ります。これでたくさん遊べる!!粘土遊びの感覚で、作品作りができます。

まじっく粘土塗り絵のメリット・デメリット

まじっく粘土塗り絵は、ふわふわ粘土の感触が珍しく子ども達も楽しみながら遊ぶ事ができます。

メリット
  • ふわふわ粘土の感触が楽しい
  • 余った粘土で遊べる。創作遊びができる。
デメリット
  • 出来た塗り絵を剥がす時に破れそうになる。
  • 発砲スチロールが散乱する
わたくしめ

練りすぎると発砲スチロールがばらばらになっていきます・・・・。

みんなの作品まとめ

余ったねんどで作品作り

まとめ・お家遊びには良い!

このまじっくぬりえは、おうち遊びには良いです。汚れないようにしっかりビニールなどで机を保護していれば、それほど汚れません。ビーズがスライム状のものから離れて散らかる程度です。これくらいの汚れは後で掃除機をかければ問題ありません。

まじっくぬりえで遊んでみようかな、と思う方はおうち遊びの一つに加えてくださいね。

ABOUT US

soulepoch_blog
九州の田舎に住む40代のワーママです。40代に入り、体とお肌が一番大事とようやく気付き、お化粧品の試し使いにハマり中。 安くていい物が好き。いつも現金がないので、なんとかしなくちゃと思っている。毎週行くところはイオンです。
error: Content is protected !!コピー出来ません