【子育てママの生活紹介】働きながら子育てしてる5人を紹介するよ

はい、今日も無駄なパケットをここ九州の片田舎から垂れ流しますよ。現在4歳、7歳の子どもを育てながら家事して、働いています。どういう状況であれ、子どもがいながら働くってのは至難の業です。やってみると初めてわかりました。・・・・これに介護が入ると思うとほんと怖いですね。世に言うダブルケア。まあそれは後々の話です。

働きながら子育てしてるってどんな感じ?

私の友達はみんな働きながら子育てしています。どんなタイプのママがいるのかここで紹介します。

【タイプ1 超キャリア夫婦】

友人の妹さん(N子さん)は、学校卒業後、東京本社の大手電機メーカーに就職し、同じ職場のN夫さんと結婚し一児のママになりました。仕事はハード。子育ても頑張ってます。

大手電機メーカーだからか、海外への出張もあります。そんなときは実家のお母さんに上京(実家は福岡)してもらい、1週間ほど滞在の上子どものお世話をしてもらいます。病気など、保育園に行けない状況が出来た時も同様です。

【タイプ2 旦那様・単身赴任、ワンオペ育児ワーママ】

友人は旦那さまや実家のお母さん、お父さんの協力を得ながら、ワーママとして3人(小学校3年、小学校1年、2歳)の子育てを頑張っていました。そうすると突然、旦那様に異動の辞令が。それと同時に3人の子どもをワンオペで育てる事になりました。

友人曰く、「毎日有休の計算をしている」そうです。有休を程よく使い、緊急時の保育園や小学校からの呼び出しには、自分、実家のお母さん、お父さんに行ってもらうなどしてるそうです。

【タイプ3 残業しまくり公務員ママ】

友人は公務員をしながら、小学校3年、4歳の2人の子どもを育てているママです。公務員と聞くと楽そうで、優遇されているように感じませんか?ところがどっこい、「◯◯さん、子ども小さいけど皆んな同じ状況でやってるからね。」的な事を言われ残業が当たり前の所で働いています。もちろん保育園のお迎えなどは、旦那様や実家のお母さんに協力してもらいやってるそうです。しかし、子どもはまだ小さい。夜遅くまでママがいないと、友達のお母さん(おばあちゃん)に、「ねー、ままはー?」とぐずり甘えるそうです。

「残業中に、『ママ。いつ帰るのー』と電話かかってくるわよ」と話してくれました。

おばあちゃんの家でご飯とお風呂を済ませた子どもたちは、寝たまま車に乗せられ残業を終えた友達の家にかえるそうです。

【タイプ4 先生同士夫婦でママはほぼワンオペ】

友人は、学校の先生で、小学校2年生と2歳の子どもを育てているワーママです。旦那様とは職場で知り合い、旦那様も先生。「先生同士かー、なんか安定してそうよねー。」と思われるようです。ところがどっこい。

旦那様は部活で週末はほぼ不在。

部活の指導をする旦那様は、日中が夜遅くに帰宅、平日は部活の試合やその他もろもろでほぼ不在らしいです。

先生は最大3年育児休暇を取れるそうなので、現在育児休暇中の友人。この先子育てできるかなぁ。とぼそっと呟いています。

【タイプ5 残業デーを決める。きっちりワーママ】

以前いた会社の先輩は、3人子どもがいましたが、残業する日を会社と交渉し、残業日を決めていました頼みの両親は離れて暮らすので、じゃあどうしていたか?

残業日にはベビーシッターが家に来る。そうやってワーママ生活を送っていました。

旦那様はもとより、家族・実母、実父のサポートが必須

ワーママの話を聞いてみると、必ず「自分のお母さん、お父さん」というキーワードが出てきます。

紹介しているワーママの一人は言いました。「もう家族総出で子育てしてる感じよ!」と。

本当にその通りだと思います。おそらくこれは働いていようが、働いていまいが一緒ではなかろうかと。いろんな賛否があれど、子育てをママ一人に任せていてはダメなんですよね。

error: Content is protected !!コピー出来ません