子どもに人気の地球グミ。食べても安全?どんな会社が作っているの?味は?噛む食べ方は注意!

はい、今日もここ九州の片隅から無駄な話をします。子どもたちに人気のASMR、そしてその中でもとても美しい見た目と不思議そうな食感を思わせる「地球グミ」。確かに見る分には楽しいのですが、これって食べても安全?!成分、会社、その他もろもろを調べてみました。

地球グミとは

地球グミの正しい名前は「トローリ プラネットグミです。ドイツにあるMEDERER(メダラー)社が作っているグミで、見た目が地球に似ているため「地球グミ」の名前で子どもを中心に爆発的な人気を誇っています。

メダラー社は大手グミメーカー

ドイツといえば、グミの産地(?)です。クマのマスコットで親しまれているハリーボを筆頭にストーク、カチェス、と大手グミメーカーが並びます。

地球グミを作るメダラー社もドイツで4番目に大きなグミメーカーです。地球グミの他にも目玉グミ、ピーチリンググミ、恐竜グミ、ツイストグミなど見ても楽しい??か?食べてどうなのか?というグミを数多く作っています。

地球グミは安全?

メダラー社はIFS取得企業

地球グミを始めとしたメダラー社のグミは安全なのでしょうか?メダラー社は食品の品質を保証する「IFS国際規格認証」を取得しています。

合成染料不使用

合成染料であるアゾ染料不使用です。

乳糖フリー・グルテンフリー

メダラー社で製造されるグミの大半が乳糖フリー・グルテンフリーです。また中にはビーガンに即したグミもありパッケージに明記されています。

ビーガン向けのグミ

原料

メダラー社で製造されているグミは、以下の原料が使われています。

ブドウ糖シロップ、砂糖、デキストロース、ゼラチン、酸性化剤、クエン酸、フレーバー、ゲル化剤、寒天、カーマイン、クルクミン、植物性木炭、ヤシ油

ゼラチンに関しても、厳選された豚と牛の皮から取られるゼラチンのみ使用している、と明記されています。

地球グミを含めメダラー社の作っているグミは安全・安心に配慮した食品であることがわかります。見た目が色鮮やかで、かつASMRで出てくるので、なんだか怪しい食べ物と思ってしまいますが、厳しい食品規格もクリアしたきちんとした会社が作っているお菓子です。

OZZYイチゴグミとは?

メデラー社の物ではない

同じくASMRで人気に火がついたグミとして話題になっているのが「イチゴグミ」です。こちらもメダラー社の物と思いがちですが、違います。偽物です。

OZZYイチゴグミは韓国のグミです。製造している会社を調べてみましたが、どの会社なのかよくわかりません。原材料について販売しているヴィレッジバンガードが記載しています。

OZZYイチゴグミ原材料

地球グミを作っているメデラー社の原材料と比べ、着色料等化合物が目立ちますね。

グルコースシロップ、砂糖、ゼラチン/ソルビトール、酸味料、香料、ミツロウ、ゲル化剤(ペクチン:オレンジ由来)、着色料(二酸化チタン、赤40、赤3)

ちなみにメデラー社の地球グミに似せた「earth gummy」というグミもあるので要注意です。こちらも偽物です。メデラー社の地球グミではありませんので、ご注意ください。

イチゴグミの味は?

こちらのOZZYイチゴグミは比較的入手しやすいです。わたくしめも買いました。

イチゴグミ

思ったより酸っぱい。グミの食感もグミというよりはマシュマロに近いです。

容器を噛む食べ方は危険

イチゴグミが入っているプラスチックの容器を噛んで割る音がウケているんですね。

やっぱり危ない。プラスチックの容器ごと口に入ったらとても危険です。子どもも大人も丸ごと噛む食べ方はおススメしません。危険です!

まとめ・買って食べるならメデラー社

ASMRで話題のグミたちですが、買って食べるならメデラー社のものが良いですね。OZZYは比較的入手しやすいですが、作っている会社がよくわからない・・・・。

入荷したらすぐに売り切れてしまう地球グミ。粘り強く入荷するのを待つ方がよさそうですね。

error: Content is protected !!コピー出来ません