昭和の町・大分県豊後高田市 子どもと楽しめるスポットと注意点

はい、今日もここ九州の片隅から無駄な話です。昭和の雰囲気をを残す大分県豊後高田市で子どもと楽しめるスポットを紹介するよ。

豊後高田市・子どもと楽しめるスポット

昭和の町、大分県豊後高田市は一見寂れてしまった商店街の町並みを逆手にとり、「昭和の町」と復活させている所です。

昭和ん知る大人には懐かしく、昭和ん知らない子どもにはフレッシュでエモい見所が満載です。そんな豊後高田市に子どもが楽しめるスポットはあるのか?!行ってみた感想です。

昆虫の館

まずは昆虫の館です。ここはかなりすごい!店内所狭しとカブトムシ、クワガタが並びます。昆虫好きな子にぜひ行ってもらいたい!

昭和の町の町並み

しかも国内のカブトムシだけでなく海外の珍しい昆虫がたくさんいます。図鑑でしか見たことないあんな虫やこんな虫までたくさん。

わたくしめは苦手ですが、昆虫好きな子どもたち、行ってみると良いですよ。

昆虫くじや、昆虫キーホルダーもありました。

昆虫好きにはたまりません

旧共同野村銀行跡

旧共同野村銀行跡は昔の銀行がそのまま資料館になったところです。ここは遊びながら学べる場所になってます。

こんな事ができる

・現在のお札に隠された謎を探す

・昔のお金を見る(帝国陸軍時代の軍票もありました)

・外国のコインを見る

銀行跡の資料館

中でもワイワイ楽しめるのが現金1億円の重さを体感できるものです。写真がこれ。1億円盗もうとしたら筋力が必要です。

おもっっ!と言いながら1億円を持ち上げて楽しめます。

1億円

路地裏迷路

昭和の路地裏をイメージした迷路です。本当に狭いので迷路に迷って引き返してくる人とすれ違うのが難しいほど狭い。

難易度はそれほどでもありませんが、なかなか出られないとなんだか不安になってきます。

そんな迷路が難しい人のために所々に脱出用のドアがあるので安心です。いつでも途中で抜け出せます。

迷路の途中にはなぞなぞがあって、ゴールしたら答えを教えてくれます。

なぞなぞが迷路内にある

他にもいろんな仕掛けがありますのでぜひ体験してください。

路地裏迷路は有料です

  • 一般 300円
  • 子ども(中学生以下)200円

路地裏迷路での注意点

路地裏迷路は文字通り迷路なのでなかなか思い通りに動けません。虫には気をつけましょう。蜂の季節は避けた方が良いかもですね。

ぬいぐるみ花束の店

オープンに間に合わなかったお花ぬいぐるみのお店。ウィンドウの飾りだけでめっちゃ可愛い感じがわかる。

これはギフトに良さそう!

Team Laboギャラリー

昭和の町がテクノロジーと融合するとこんな楽しい体験ができるのか?!

体験内容はこちら↓です。

昭和の町・チームラボ体験内容

専用用紙にお絵描きし、スキャナーに通すと画面に大きな画面にその絵が現れる。

さらにその絵が草地踊り(豊後高田の盆踊り)を始める

画面に映し出された絵を触ると絵が何かしらのリアクションをする

昭和の町の中心施設「昭和ロマン館」内にチームラボが提供しているテクノロジー体験施設があります。

専用用紙にお絵描き
お絵描きする机も昭和感が溢れる
画面に描いた絵が映って踊り出す

まとめ・散策時の注意点

豊後高田・昭和の町はそれほど広くないので、子どもと歩いても辛くありません。ただ目的の場所がどこにあるのかいち早く把握するため、まずは地図をゲットするのをおすすめします。

地図をゲットしよう

地図は各商店街のお店の中に置いてありますので訪ねてみて下さい。

渋いだけの町と思ってたら意外に子どもも楽しめるところがあります。楽しいスポットを探してください。

error: Content is protected !!コピー出来ません