Amazonベストセラー「死ぬこと以外かすり傷」を読んだよ

はい、今日も無駄なパケットをここ九州の自治区から、垂れ流しますよ。私、本なんか読まないんですけどね、この手のビジネス書はついつい読んでしまうんですよ。なぜなら自分が凡人だから。

この人すっげー、とか真似できんわー、とか思いながら、いや、これなら自分でもできるかも?!とかいろいろ思いながら読むのが好きです。

箕輪さんの本については、ツイッター界隈でもわいわい。

読むだけじゃなく、行動に移している人もいる。これぞ箕輪さんの影響力。

ざっくりこんなこと書いてくれてます

仕事をしていく中でのエピソードを交え、熱中できることや、これだけ熱入れて取り組めるものがあることがとってもうらやましくも感じます。でも、私は思った・・・。

・今の若者はチャンス!50年の常識がひっくり返ってるぜ!

・はったりをかまして、自分の名前を売れ!

・今やれ!

・量!量!量!そしてスピード!スピード!スピード!

奥さん、大丈夫?ワンオペじゃない?

でもたぶん大丈夫。なぜなら箕輪さんがオチビズ連れのイベントとかも開いたりしてるのツイッターで見たし。うん、ワンオペじゃないこと信じたい。

y読み終えたときに、もう一つのことも思いました。何か読み覚えがあるぞ?!そうか!この2冊と同じこと書いてるんだ!!共通点が山ほどある。

ホリエモンの「多動力」と佐藤さんの「お金2.0」とかぶるところが山のようにある!

価値観を共有する時代に入ったことや、とりあえずやってみること、走りながら考えること、常識は疑うこと、とか、箕輪さんの本と、ホリエモンの本と、佐藤さんの本には共通点だらけ。なのでどれか読んでみようかなぁ、と思う人は1冊読めば十分です。

Amazonでベストセラー

「お金2.0」もおもろい。この発想から、田舎2.0を提唱中。

ホリエモン。元受刑者✕元社長✕ミュージカル俳優ってだけでブランド

「多動力」はなんとタダで聴ける

今、Amazonではオーディブルとかいって、本の朗読サービスが開始された様子。朗読っていいよね。ビジネス書の朗読とかって聞いたことないし、どんな感じの読み方するんだろう。そういう意味でもアナウンサーさんとか声の仕事してる人にもおすすめかもしれない。耳から読むって新しい体験やなぁ。

なんだか最後はホリエモン推しみたいになったな・・・。

error: Content is protected !!コピー出来ません