【40代が使うオルビス】エイジングケアライン・オルビスユーアンコールの特徴は?オルビスユーアンコール・ローションを使った感想は?オルビスユーと比べてどう?

はい、今日もここ九州の田舎から無駄な話をみなさんにします。40代にもかかわらず、オルビスユーローションでとてもお肌の調子が良いです。

オルビスを調べてみると、オルビスには、エイジングケアラインとして「アンコール」が展開されています。

40代にはやはり「オルビスユーアンコール」を使ったほうが良いのか?!オルビスユーアンコールの特徴を調べ、オルビスユーアンコールローションを実際に使いました。そして使用感などオルビスユーとの比較しています。
オルビスユー

オルビスユーアンコールの特徴は?

オルビスユーアンコールは「濃密保湿エイジングケアシリーズ」

オルビスユーは、「肌が自ら美しくなろうとする力」に着目したスキンケア商品です。そのオルビスユーシリーズの中で、エイジングケアに注力した商品が、「オルビスユーアンコール」です。

オルビスユーアンコールシリーズの特徴
  • 無油分、無香料、無着色 、界面活性剤不使用
  • アルコールフリー
  • 弱酸性
  • やわらかな肌へ整える保湿成分である「濃密保湿イーブンワテロイル」配合
  • 保湿成分である「ヒビスエキス」配合
  • 浸透型コラーゲン配合

オルビスユーアンコールシリーズには何があるの?

オルビスユーアンコールには、化粧水、乳液、クリームの3種類が用意されています。

オルビスユーアンコールローション(化粧水)

180ml 税込3,630

アンコール デイミルク

保湿と日焼け止めを兼ねた日中用高機能クリーム

30g 税込3,520

アンコール ナイトクリーミージェル(夜用保湿液)

30g 税込3,850

どれも3000円台でコスパ高い!3000円台で出来るエイジングケアってないよね!?

“見た目を変える”化粧水

オルビスユーアンコール・ローションを使った感想は?

エイジングケアラインのオルビスユーアンコールの中で、一番使用感の気になる化粧水を選んで使ってみました。オルビスユーアンコール・ローションを使った感想です。

オルビスユー・アンコールの質感は?

重ためでトロンした質感

オルビスユーアンコールは、手にとったときにトロンとした質感です。お肌に付ける時もその重ための質感があまり変わりません。少しベタっとしたままお肌についていきます。

手のひらでプッシュしていくと、だんだんお肌に馴染んで、その後ベタつきも気にならず使う事が出来ます。

香りは?

香りは手に取った時は無臭です。それをお肌につけると少しカルキ?のような水道水のような?薬のような匂いがします。とても匂う、というほどではありません。

付けられた良い香りがせず、原材料の匂いがしているようです。顔をしかめるほど悪臭ではないのでそれほど気になりません。

使った感じは?

お肌に潤いと柔らかさは感じる

潤いもお肌の柔らかさも感じます。朝起きてペタペタとお肌を触ると柔らかいし、潤いを感じる事が出来ます。

くすみは取れない

お肌に透明感が生まれるかと思ったらそうでもありません。オルビスユーアンコールを使ってもくすみが取れずどんよりした感じ。

夜は良いけど朝はベタつく

夜はたっぷりつけてお肌に潤いを与える事ができます。お風呂からあがってお肌につけることで、お肌への浸透がよいです。そして重ね付けしてもベタ付きません。気持ちよく付けることができます。

しかし、朝のお化粧前に使うと、少し重く、ベタベタします。夜潤っている分が効いているのかなぁ、と想像しているのですが、朝は重たく感じます。

コスパが高い!

先ほども少し触れましたが、エイジングケアラインのお化粧品で3000円台って本当にありません。オルビスユーアンコールシリーズは手軽に始めるエイジングケアとして使えます。

オルビスユーローションと比べると?

  質感

オルビスユーローションと比べると重ために感じます。オルビスユーローションも、手に取ったときに重ためでトロンとした質感です。しかしお肌に付ける時には、みずみずしく変化してさらっとした質感に変わります。オルビスユーアンコールにはオルビスユーローションと同じような質感の変化がありません。

  香り

オルビスユーローションは無臭です。オルビスユーローションも付けられた香りがありません。原材料の匂いがするな、という意味ではオルビスユーアンコールのほうが匂いがキツいです。

  使った感じ

オルビスユーローションはお肌に付けたときに、みずみずしい質感に変わるので、べたつきがなく夜も朝も使えます。潤い、乾燥、点ではオルビスユーもオルビスユーアンコールも同じくらいに思えます。

オルビスユーと比べてどう?

オルビスユーアンコールローションは、エイジングケアラインなだけあって、まさに「農密度・高保湿」な感じがします。ベタつくけど、翌朝のお肌の柔らかさと潤いは感じる事ができました。

一方オルビスユーは、お肌につけるとみずみずしく変化して、毎日使って使い心地がとても良いし、べたつきもなく、潤いも感じられます。

この特徴を踏まえて、朝だけオルビスユーにして、夜はオルビスユーアンコールにしたい。


オルビスユーローションと、オルビスユーアンコールの成分は?

オルビスユーローションとオルビスユーアンコールとでは、成分に違いがあるのでしょうか。

オルビスユーローションには、自然由来の保湿成分として、モモ葉エキスやヤグルマギク花エキスが入っています。一方、オルビスユーアンコールには、エイジングケアに効果があると言われる発酵エキスやコラーゲンが入っています。

オルビスユーローションの成分
水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
オルビス アンコール ローション
水、BG、グリセリン、PEG-20、ジグリセリン、(メタクリル酸メトキシPEG-23/ジイソステアリン酸メタクリル酸グリセリル)コポリマー、酵母エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、加水分解コラーゲン、ソルビトール、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン
やっぱり入っている成分もちょっと違うね

まとめ エイジングケアラインとしてはコスパ高い!

オルビスユーアンコール・ローションを使うと、確かに潤いとお肌の柔らかさを感じる事が出来ました。朝にはちょっと重たいかな、と思いますが、夜しっかりエイジングケアするには良いです。

同じとろみ系化粧水ですが、使った感じはオルビスユーの方がよいです。

オルビスユーアンコールで嬉しいのはコスパが高い!エイジングケアラインで3000円台のお化粧品って本当に珍しいです。そろそろお肌の調子も老け込んできたなぁ、と思っていたら、オルビスユーアンコールをチェックすると良いですよ。

“見た目を変える”化粧水

error: Content is protected !!コピー出来ません