子どもの友達が家に来るのが嫌。こんな子どもは困る~子どもの友達を家に来させない方法~

はい、今日もここ九州の隅から無駄なパケットを垂れ流しますよ。子どもの友達が突然家に来るのが嫌だ、困っている、というママが多いです。どんな子どもに困るのか、解決策はどうしているのかまとめてみました。

こんな子どもの友達が家に来て困っている

長時間いる

   毎日のように家に遊びに来る。夏休みに入ったら昼から夕方まで家にいる。
  朝の9時には来て4.5人集まってゲーム機に集中しヤイノヤイノと騒いでいます。昼食のため一旦帰宅していきますが、遊びが待ちきれないのか午後1時前には早くも「ピンポーン」と鳴って遊び再開。午後6時近くまで遊んでいます。土日にこうした光景が繰り返されるので私としては落ち着きません。

うちにしか来ない

土日になると「遊べる?」電話してくるけどいつもうちでばかり。絶対自分の家には入れてくれない近所の子
自分の家では絶対に遊ばせないくせに、うちにはパソコンゲームを目的でやってくる

図々しい

「うちの子、公園に行ってるから行ってきて。」と言うと
「いなかった。家の中で待ってていい?」・・・「うちの子いないから、外を探してきて。」
とにかくめげない。他の話題を振ってからさりげなくまた家の中に入っていいか聞く。
ひたすらこれを繰り返す。どうやら、うちでゲームをしたいらしい。うちの子がいない間ならゲーム独り占めできるし。
快晴の日でも家に来るし、外であそんだら?と友達に言ってみたら「暑いからやだ」「寒いからやだ」って。ジュース飲みたい!とかお菓子用意しといてね!とかも言われる
おやつ下さい、ジュース下さい、と要求してくる。挙句の果てに車で送って下さい、などという。
おやつ買って来て、と要求する。
キッチンをあさる。冷蔵庫をあける

朝からくる

土日祝も朝からピンポンうるさい。今日も朝からピンポン連打。

帰らない・マナーが悪い

「うちは7時半まで遊んでいいから、まだ帰らない」と言って帰らない。
雨で靴も靴下もぐちゃぐちゃのままで来る、傘も差さずに濡れたままで来る。
寝室のベットの上でトランポリンをしていた
寝室、寝具の中に入り込む

大勢で押し寄せる

始めは外で遊んでいたのに、外での遊びが飽きたのか急に家に来たりします。

その時困るのが、大勢で押し寄せてくる事です。友達1人、2人だと大人しく遊んでいるのに、大勢だと暴れ始めます。

そうすると手がつけられません。家の物が壊れてしまう事があります。

子どもの友達を家に来させない方法

各掲示板を見て。「そりゃ酷いわぁ、あぁぁ、きついねぇ」と共感しながら見ていました。

子どもの友達を家に来させない方法はこれしかありません。

子どもの友達を家に入れない方法
  • ピンポンが鳴ったら、玄関を5センチ開けて「帰れー」と怒鳴る 
  • 窓越しに子ども軍団の影が見えたら籠城の構え。徹底した居留守で防御
  • 玄関先で「くさや」を焼いて子どもの友達を寄せ付けない
  • やむなく家に侵入されたら、部屋の電気等をシャットダウンし、動きをあらゆる遊びを封じる
子どもの友達に対し、徹底抗戦をしていたら、やがて家に来なくなります。

・・・できるかーーーーっっ!

徹底抗戦出来ないから、悩んでるんじゃないか! という事で、世のママさんらが出している現実的で、明日にも実践出来る方法はこちらです。

子どもの友達を快く家で遊ばせる方法

子どもは子どもなので、「空気が読めません」はっきりとしっかりと伝える事が大切です。

困る事をちゃんと伝える

うちは上げない方針ではないですが、私がOKを出さないとダメにしてあります。
約束が守れないなら、出禁は当然。
  子供の友達が家に遊びに来た場合、その家のルールが全てです。全てというとごへいがありますが、そこの親がだめといったらだめ、なんですよ。
  悪いことは悪いとよその子でもちゃんということです。

図々しさには?

 気になりだすほど図々しくなったらもうシャットアウトです。

帰らない子には

 家の決まり事として子供といえど節度を守ったお付き合いをする。
途中まで送って意地でも帰らせる

その他にも「何時までなら良いよ」とか、「ゲームしないなら良いよ」とかルールを設けて遊ばせる、という意見もありました。

井戸端会議、知恵袋、教えてgoo、ウィメンズパーク、発言小町より引用

言うことを聞かずに家に帰らない子のことをちらほら聞くようになりました。 そういう子には子どもに「家に帰らないとママが怒るからママの言うこと聞いてね・・。」と子どもから家の人の言うことを聞かないと遊べない、という旨を伝えてもらうのも有効です。

子どもに「家に行くな」と言う

最近、子どもから「◯◯ちゃんはお母さんから『家に行くな』」と言われてるんだって」と聞くことが多くなりました。

お母さん達も、自分の子どもが友達の家に上がって、何か迷惑をかけているんじゃないか、と心配しているのです。

また、ある家の子どもが人の家に行かなくなれば、自然と友達達もお互いの家に行かなくなります。

子ども達の中でも「家はダメだな」と認識されるようになり、公園で遊んだり、お庭で遊んだり、外で遊ぶようになります。

子どもに「人の家で遊ぶのはダメよ」と言うのも有効です。

まとめ

日々くたくたに疲れているときに、リビングを占拠されると正直休めませんよね。

うちでは、疲れている時とか、本当に困る時には今日は家で遊ぶの無理だから、外で遊んで、と言ったり、今日は無理と帰ってもらったりしています。

子どもも、子どもの友達も、親もお互いがストレスなく過ごせるようにしたいですね。

error: Content is protected !!コピー出来ません